トイレで起こるトラブルはつまりをはじめ三種類

トイレで起こるトラブルはつまりをはじめ三種類 水のトラブルのなかで特に厄介で、たびたび起こりやすいのがトイレです。復活するまで排泄を我慢しなければならないのもあるし、衛生面から考えてもあまり気分のよいものではありません。トラブルは大別すると三種類に分かれますが、原因によってはそれぞれのトラブルが次のトラブルを誘発する場合もあります。どんなトラブルがあるのか知っておくだけでも心準備ができて、いざ発生したときに落ち着いて対処できます。

■トイレのつまりはなぜ起こる?

トイレで起こるトラブルの筆頭は何といってもつまりで、その原因はいくつかあります。最も多い原因は、大量のトイレットペーパーを一度に流してしまうことです。いくら水に溶けるといっても、限界があるのだと覚えておきましょう。また流してはいけない固形物を流してしまう場合も多く、スマートフォンなどポケットに入っているものを誤って落としてしまったり、子どもがいたずらしておもちゃなどを流してしまったり、生理用品や猫砂などを流しても大丈夫だと勘違いしていたりなどさまざまです。意外に見落とされがちなのが嘔吐物や食べ残しなどで、これらの油分が便器や排水管に付着して固まってしまうことによってつまりを引き起こすケースがあります。それ以外にも、水流の圧力が不足しているために通常なら流れる量のトイレットペーパーや排泄物がつまってしまう場合もあります。

■トイレの水が止まらない
水がいつまでもちょろちょろと出ていたり、勢いよく流れ続けていたりするトラブルも心配です。この場合は、まず止水栓を閉めて水を止めてから原因を調べましょう。閉めて便器に流れ込む水がすぐに止まれば給水部分に問題があることがわかり、その原因はタンク上部の手洗い管の不具合が主な原因です。タンク内の水が出ている状態が続くようであれば、タンク内の排水パーツに原因があると考えられます。タンク内部にはボールタップや浮き球、ゴムフロートなどいろいろなパーツがありこれらが劣化したり外れていたりすると水が止まらなくなってしまいます。つまりほどは深刻な問題ではありませんが、水道料金に響いてくるおそれもありますので、水が止まらなくなったらすぐに原因を突き止めて、必要なら水道業者に修理を依頼しましょう。

■一番困るトイレの水漏れ

最も被害が大きくなって深刻な事態を引き起こすのが水漏れで、水が漏れる箇所は配管やパイプ類をはじめタンクや便器、さらには床からなどさまざまです。原因は部品の劣化やバルブなどのゆるみというように水漏れ箇所によって違いますが、注意しなければならないのはつまりとセットになって水漏れが発生する場合です。トイレがつまったときに強引に水を流し続けると、内部に大きな負担がかかります。特に紙オムツなどのような大きくて流れにくいものを無理に流してしまおうとすると、排水管が損傷したり破裂したりして、排水管 水漏れすることも考えられます。部品交換程度であればさほど大変な作業ではありませんが、奥深くの排水管などに異常が発生すると莫大な工事費が必要になってもおかしくありませんので、つまりからくる水漏れは特に気をつける必要があります。

■まとめ
トイレのトラブルは多種多様ですが、最も頻繁に起こりやすく、また大きな被害に発展しかねないのがトイレ つまりです。原因を把握し予防に努め、いつ起こってもいいように対処方法をあらかじめ頭に入れておくという姿勢が大切です。また、自分で対処できるトラブルとそうでないものがありますので、その判断を誤らないようにして、自力で対処しないほうがよいこともありあます。その場合には即刻水道業者に助けを求めましょう。頼れる業者を事前にチェックしておくとスムーズに進みますので、余裕があるときにチェックしておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース