コンテンツ

洋式トイレのつまりはどこまで自分で対処できる?

トイレがつまる原因について考える前に、まずは内部構造について理解を深めておくといざというときに対処しやすいです。特に現在主流の洋式トイレは、従来の汲み取りタイプに比べるとにおいもなく清潔感がありますが、これは排水路に工夫がされているからです。汚物を流すための通路である排水路はS字型になっていて、下水からのにおいをシャットアウトして清潔さに一役買っています。ただし、その形状のために流すものや水流の強さによってつまりを引き起こしてしまう可能性があります。

■流れにくいものを流してしまったら

トイレに流せないものとして、ティッシュペーパーや紙オムツなどがあります。特に紙オムツは吸水性に優れているため、どんどんふくらんでしまうので要注意です。これらはむりやり奥に押し込もうとせず、手が届く範囲なら引っぱり出すようにしましょう。また水に溶けやすいトイレットペーパーであっても、一度にたくさん流すとつまりの原因となります。お湯や重曹などを使って溶かす方法がありますので試してみると良いでしょう。そしてどちらの場合も、自分の手に負えないと思ったらすぐに水道業者に連絡をするのが確実です。水が溢れてくるなどの手遅れになる前に、プロの手に委ねてしまうのが最も安心できます。

■水流が弱いと感じたら

洋式トイレは、流れていく水の勢いが弱いと汚物などを押し流す力が弱まるため、つまりを招くおそれがあります。タンクの中で何らかのトラブルが発生していることが多いため、まずはタンクの中をのぞいてみてください。もし水量が足りなければ、タンク内の水位設定の調節や劣化している浮き玉の交換などで解決できる場合があります。また、水を流すときにいつも小を使っていたり、節水目的でペットボトルなどを入れていると、水量が少なくなって水流は弱くなってしまいますので気をつけてください。原因を自分で特定できなければ、業者に相談して確認してもらいましょう。

■まとめ
洋式トイレ つまりは、その形状から発生しやすい傾向にあります。大切なのは、詰まってから慌てて対処するのではなく普段からつまらせないように気をつけるという点です。水に溶けにくいものを誤って流してしまったら、奥に流し込もうとせずにワイヤーなどを使用して取り出すようにしましょう。また間違った節水方法も水流に影響しますのでよく確認しましょう。大きな被害が出て業者のお世話になることのないよう、正しい使い方を心がけることがトラブル予防に繋がります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ